カフェオーナーの気楽な神社紹介

このブログでは、私自身が参拝した神社の紹介をします。

【若狭彦神社】『若狭國一之宮』~神社of神社~

 みなさん、こんにちは。

 今回は、福井県小浜市の『若狭國一之宮』【若狭彦神社】と【若狭姫神社】を参拝したのでご紹介します。

 最後までご一読お願いします。

若狭姫神社(若狭彦神社(下社))紹介

所在地:福井県小浜市遠敷(おにゅう)28‐7

主祭神:豊玉姫命

本殿の様式:三間社流造

下社を古来、若狭姫神社、遠敷神社(遠敷明神)とも称したが、明治4年国幣中社に列せられて、官祭を仰せ出された後は、若狭姫神社、または若狭彦神社下社と公称されるようになった。

f:id:vTUNA:20201116232221j:plain

鳥居前

 自然の中に存在する神社という印象を受けました。神主さんが作業着姿だったことも印象に残りましたが、このような神社の割には、多くの参拝者が訪れていました。

f:id:vTUNA:20201116232315j:plain

絵画のような境内

 写真を撮って確認をした時に、建物は背景で、光と緑が主役の神社であることを改めて実感しました。このような感じの神社は、多くは山の中にあったりするのですが、反対側はすぐ道路です。最寄りの駅から徒歩10分以内でこのような景色に遭遇できる喜びを感じました。

若狭彦神社(上社)

f:id:vTUNA:20201116232403j:plain

下社から徒歩15分程にある『若狭彦神社(上社)』

所在地:福井県小浜市龍前28‐7

主祭神:彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)

 ノスタルジック全開の光景でした。鳥居をくぐってすぐに、普段大阪で生活をしていると目にすることのない光景を堪能できます。懐かしくあり寂しくもあり、何時間でもそこに居たいと思えた風景でした。

f:id:vTUNA:20201116232418j:plain

宮山の湧水

 ひしゃくだけが置かれている手水舎で『宮山の湧水』で清めてから、参拝を行いました。参拝後のしばらく風景を楽しみました。

f:id:vTUNA:20201116232439j:plain

夫婦杉

 夫婦岩はよく見かけるのですが、夫婦杉は初めて見ました。なにが起きてこのような育ち方をしているかは、分からないのですが、風景に合った不思議な杉を是非ご覧ください。

御朱印

f:id:vTUNA:20201116233029j:plain

(左)若狭姫神社(右)若狭彦神社

 御朱印は下社で頂けます。何も言わないと、右の『若狭彦神社』の御朱印が頂けます。私は、上社に行くと上社の御朱印が頂けると思っていたので、すぐに調べて、神主さんに、『若狭姫神社』の御朱印もお願いして、無事に押していただけました。

 若狭姫神社の御朱印も頂きたい方は、御朱印を頂く際に「若狭姫神社の御朱印もよろしくお願いします」と伝えてください。1枚300円の奉納になります。

最後に

 小浜市は、オバマ大統領の時に、少しメディアで取り上げられていて、記憶にはありましたが、まさか神社参拝が趣味になり、自分が小浜市に行くとは思ってもみなかったです。哀愁・生命・孤独・無いろいろと感じることが出来た神社『若狭彦神社』でした。

 最後までご一読ありがとうございました。